「いろは」のおもい

私たちいろはは、「子の会話が笑顔であふれていてほしい」ということを切に願っています。思春期になると子どもたちは、親から離れ自分の世界を拡げて行きます。低学年の間に、いろいろなことを親子で話し合い、たくさん笑うことで、子どもたちは安心し、何事にも積極的に取組めるようになります。そして、この時期は、お母さんたちにとっても、子どもと密にふれあえる最後の大切な時期だと考えています。

  親子の会話を笑顔でいっぱいに

  「褒めて伸ばす」

  子供の自信と挑戦する勇気の源は、大好きなお母さんからの褒め言葉です

  いろはでは、お子さんの長所を伸ばし、親子の会話を豊かにするサポートを

 積極的に行います。

 週5日通える料金に

 「仕事は続けたいけれど、週5日通わせるのは、高すぎて・・・」という働くママの悩みに

応えたい。いろはでは、週5日通って頂ける料金にしました。安心して毎日預けられる

環境の中で、学習習慣を身につけます。 

 

 

千里の道も一歩から

大きな夢を叶えるには、目の前にある小さなことを丁寧に積み重ねることが重要です。

いろはでは、毎日の小さな積み重ねを大切にする習慣を養い、夢や目標をみつける

サポートをします。


 


グローバル人材の育成

世界一のスピードで少子高齢化が進む日本。

内需だけでは支えきれなくなり、日本企業もグローバルへの進出は避けられません。

グローバル社会で求められるものは、文化背景が異なる相手の価値観や主張を

理解・尊重し、自分の考えを自分の言葉でしっかりと伝えることです。

いろはでは、相手の主張を理解する力と自分の考えを伝える力の土台を養います

 


▲このページのトップに戻る